ユニコーン 壁紙 効果, 橋本 環 奈 タレントスケジュール, Jr東日本 プレス コロナ, 東京から京都 新幹線 最終, ホワイト企業 ランキング 未来工業, モンハン アイテム 渡す レア度, ..."> 総武 本線 特急 停車駅 ユニコーン 壁紙 効果, 橋本 環 奈 タレントスケジュール, Jr東日本 プレス コロナ, 東京から京都 新幹線 最終, ホワイト企業 ランキング 未来工業, モンハン アイテム 渡す レア度, " />  
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 時事情報
  4. 総武 本線 特急 停車駅

BLOG

ブログ

時事情報

総武 本線 特急 停車駅

ただし、一部時間帯で快速列車が1本となり、代わりに千葉駅 - 成田線成田駅間の各駅停車が1本運転される。, 千葉駅 - 銚子駅間の普通列車は、成田線経由の列車も含めてすべて最大8両編成で運転されている。, 夜間留置の都合上、旭駅 - 銚子駅間の列車や横芝駅発着の列車も設定されている。横芝駅発着に関しては2010年3月12日までは始発のみの扱いで、到着は回送列車であった。, 貨物列車は金町駅 - 新小岩信号場駅 - 佐倉駅間で運行される。しかし、総武本線の駅を発着する定期貨物列車は設定されていない。2014年3月改正時点では、東海道貨物線東京貨物ターミナル駅および武蔵野線越谷貨物ターミナル駅から鹿島臨海鉄道鹿島臨港線神栖駅へ向かう高速貨物列車1往復ずつ、常磐線隅田川駅から京葉臨海鉄道千葉貨物駅へ向かう高速貨物列車1往復、東海道貨物線川崎貨物駅から千葉貨物駅へ向かう専用貨物列車1往復が、総武本線を経由する[22]。専用貨物列車はコンテナ車のほか、ホッパ車やタンク車が併結されることもある。, かつて、成田空港への本格パイプラインが稼働するまでの間、航空燃料を千葉港から空港まで輸送する列車が総武線を経由していた(暫定輸送)[16]。, 新小岩信号場駅 - 越中島貨物駅間は定期貨物列車は運行されていないが、レール輸送用の臨時専用貨物列車が日曜日を除き3往復運行される[23]。, この節では、過去に総武本線全線及び成田線・鹿島線・外房線・内房線へ直通した列車を記述する。, 特急列車は2004年10月まで「すいごう」が、2015年3月までは「あやめ」が運行されていた。また、1991年より「成田エクスプレス」が運行開始されるが、外房線直通の「わかしお」や内房線直通の「さざなみ」も当線(総武快速線)経由で運転されていたが、以後は京葉線 海浜幕張・蘇我駅経由となった。, 急行・準急列車は、北総3線(総武・成田・鹿島線)は「犬吠」・「水郷」・「鹿島」・「京葉」・「総武」などが、房総方面は「内房(うち房)」・「外房(そと房)」、房総半島1周列車として「なぎさ」(内房線回り)・「みさき」(外房線回り)などが運行された。, この節では、1972年(昭和47年)7月15日以前の御茶ノ水駅 - 千葉駅間と、千葉駅 - 銚子駅間にそれぞれ運行されていた列車について記述する。, 1968年10月1日のダイヤ改正から御茶ノ水駅 - 千葉駅で夜間下り2本のみ設定された気動車快速。新宿駅まで到着した上り急行「そと房」8号(安房鴨川駅発新宿駅行き)と、急行「犬吠」4号(銚子駅発新宿駅行き)・「水郷」5号(佐原駅発新宿駅行き)[注 5]の千葉気動車区への回送列車を客扱いしたもので、当時としては画期的な発想だった[10]。途中停車駅は、秋葉原駅・両国駅・船橋駅で、運行ダイヤは御茶ノ水駅20:07発→千葉駅21:01着(2251D)と、御茶ノ水駅20:36発→千葉駅21:30着(2259D)であった[10][24]。快速列車なので当然特別料金は不要、そのためか1971年10月12日付けの交通新聞の「好評の回送利用快速気動車」「毎日満席のモテぶり」と題した乗車ルポには、「車両の間合いによっては、キハ28形などの冷房車が充当され、急行列車なので座席もボックス形でゆっくりと座って帰れるので国電と比べると天国」なとど利用客には大変好評であったことが記事に記載された[10]。この列車は当時1年間限定の運転予定が、1972年7月15日の複々線化の前日まで運転された[10]。また、この列車はホームライナーの元祖といえるもので、このアイデアは1984年の東北本線の「ホームライナー大宮」で復活している[24]。, 1975年3月10日のダイヤ改正で千葉駅 - 銚子駅間に1日1往復設定された快速。朝に上り、夜に下りが運転され、当初の停車駅は千葉駅・四街道駅・佐倉駅・八街駅・成東駅・松尾駅・横芝駅・八日市場駅・旭駅・飯岡駅・松岸駅・銚子駅だったが、1978年10月2日のダイヤ改正で都賀駅・干潟駅が停車駅に追加され、1981年10月1日のダイヤ改正で普通に格下げされる形で廃止された。, 道路事情の悪い千葉駅以東・以南の沿線への夕刊新聞輸送のための荷物列車。両国駅 - 千葉駅間は回送扱いで、両国駅で新聞を積み込み、千葉駅に到着後各方面行きの列車に併結されて分かれていく、特異な列車であった[24]。非電化時代はキユニ11・キユニ19が使用され、房総西線(現・内房線)が部分電化された後はクモハユ74形・クモユニ74形100番台も使用、北総3線(総武・成田・鹿島線)が電化されるまで、気動車と電車が同時に運行された時期[注 6]もあった[24][25]。最盛期には荷物列車単独の4両編成で運行したこともあったが、電車は基本的に幕張電車区(現・幕張車両センター)出区から同区の千葉ローカル運用の113系に併結して運転されていた[24][26]。1986年11月1日に国鉄の郵便・荷物輸送が基本的に廃止されることとなったが、外房線・内房線の新聞荷物輸送は道路事情の関係により存続されることとなり、クモユニ143が幕張電車区に転属し充当、電車区から2両編成で両国駅まで回送され、夕刊新聞を積み込んだ後、折り返して千葉駅まで回送、同駅で1両ずつ内房線・外房線の113系6両編成の普通列車(両者とも安房鴨川行き)の後部に連結されて、各駅に夕刊新聞を配布していき、終着駅到着後は、回送列車ながらそれぞれ先頭車となって帰区する運用であった[27]。1996年12月1日のダイヤ改正で、合理化のため房総地区への専用車両による輸送は廃止となり、それ以降は113系4両編成×2本を併結し、上り方各1両を荷物扱いとすることで対処、なお、この列車は2010年3月12日まで運行された[28]。また、列車の運行開始以降から113系の荷物扱い列車に至るまで、夕刊の休刊日は運休となっていた[24][27]。, 快速線側の起点である東京駅では、地上駅より丸の内側にある1972年完成の総武地下ホームに発着し、同駅以南の横須賀線(東海道本線地下線)線路との直通が可能な構造になっている。同駅を出ると東京都心部の地下を北東へ進み、新日本橋駅から馬喰町駅付近まで国道6号の直下を通る。両駅間では東京メトロ日比谷線小伝馬町駅と交差しているが、総武快速線に駅は設けられていない。馬喰町駅を過ぎると東へ向かい、隅田川の下をくぐり、両国駅付近で地上に出る。, 一方、緩行線は、直通運転を行う中央本線との接続駅・御茶ノ水駅から、高架上を東方向へ向かう。中央本線(中央線快速)の上下線に挟まれる形で同駅を出ると中央本線と分かれて神田川を渡り、東北本線(山手線・京浜東北線・上野東京ライン)との交差地点にある秋葉原駅へ。続いて首都高速1号上野線を跨ぎ、市街地を進むと国道6号との交点に浅草橋駅がある。そして隅田川を渡り首都高速6号向島線をくぐると、両国国技館および東京都江戸東京博物館の最寄駅・両国駅に至る。同駅には緩行線ホームのほかに、快速線に繋がっている列車ホームがあるが、現在は定期列車では使用されていない。, 両国駅からは快速線と緩行線による複々線区間が始まり、千葉駅まで沿線は住宅密集地が延々と続く。また海側(南側)には国道14号(京葉道路一般道区間)が並行する。緩行線・快速線間の最初の接続駅となっている錦糸町駅は快速線・横須賀線列車の留置線を併設しており、また東京スカイツリーの南に位置している。錦糸町駅を出ると、海側(南側)から単線の総武本線支線(越中島貨物線)が近づき、緩行線の亀戸駅。同駅から発着する東武亀戸線が内陸側(北側)へ離れていき、同時に越中島貨物線が本線を跨いで北側に並行して5線となると、国道14号から離れ、カーブして北東方向へ進路を変える。旧中川を渡ると平井駅、次いで首都高速中央環状線をくぐり、荒川・中川を渡ると快速停車駅の新小岩駅に至る。, 新小岩駅を過ぎると、左側の貨物線上に新小岩信号場駅の線路群が広がる。環七通りをくぐると同信号場より総武本線支線(新金貨物線)が内陸側へ分かれていき、また快速線へも貨物線が合流する。新中川を渡り、小岩駅を過ぎると右へカーブして今度は東南東にまっすぐ進む。内陸側に再び国道14号(千葉街道)、さらにそれを挟んで京成本線が並行し、江戸川を渡ると東京都から千葉県へと移り、同県最初の駅で快速停車駅でもある市川駅に至る。, 市川駅を過ぎると、線路はしばらく直線が続き、快速線を走行する列車は120 km/h(特急は130 km/h)の最高速度で運転する。国道298号を跨ぐと、緩行線は、都営地下鉄新宿線と接続する本八幡駅、次いで下総中山駅と続き、海側から東京メトロ東西線が近づくと、武蔵野線・京葉線との交点に位置する西船橋駅に至る。メトロ東西線と直通運転を行う東葉高速線も接続する主要駅だが、総武快速線は停車しない。西船橋駅を過ぎると東西線からの短絡線が緩行線に合流し、進路を東に変える。国道14号と京成本線が海側へ移り、続いて内陸側から東武野田線が現れると快速停車駅の船橋駅。南口側にはペデストリアンデッキやロータリーを挟んで京成本線の京成船橋駅がある。同線が一旦総武本線に接近してから右にカーブして海側へ離れ、東船橋駅を過ぎると今度は南東へ向かう。国道296号(成田街道)を跨ぎ、海側から緩行線の車両基地・旧習志野電車区からの引込線が合流すると快速停車駅の津田沼駅に至る。同駅は緩行線・快速線とも車両基地が近接する運行拠点の一つとなっており、周辺には千葉工業大学や、新京成線の新津田沼駅が立地する。, 津田沼駅を出ると、逆S字型にカーブを描く新京成線をくぐる。まもなく京成本線が総武本線をくぐって成田方面へ向かって離れていく。代わって海側には京成千葉線が千葉駅まで並行し、幕張駅までは総武本線のすぐ隣を通る。しばらく進むと千葉市に入り、快速線の上下線の間に車両基地・幕張車両センターが広がる。一方、その横の緩行線には幕張本郷駅があり、京成千葉線の京成幕張本郷駅が同一構内にある。JRの駅と京成の駅が同一構内にある例は数少ない。幕張本郷駅の先で京葉道路(有料区間)をくぐり、さらに東京 - 千葉間および中央・総武緩行線唯一の踏切である花立踏切を通過すると幕張車両センター構内が終わり、緩行線から京成千葉線が離れる。京成幕張駅を見送ると幕張駅。幕張の中央部で発展している幕張新都心からは少し離れている。東方向に進路を変え新検見川駅を過ぎ、再びカーブして南南東方向へ進路を変えると東関東自動車道をくぐり、快速停車駅の稲毛駅。さらに直進し、千葉大学の西側では快速線上に黒砂信号場が、緩行線上に西千葉駅が位置する。西千葉駅を過ぎると快速線の線路が総武本線東千葉駅(・成田線)方面と外房線(・内房線)方面の2本に分岐。そして千葉県内各線のジャンクションである千葉駅に至る。緩行線はこの千葉駅で終点となっている。, 千葉駅は総武本線と外房線との分岐地点上に位置するY字型の構造となっている[注 7]。総武本線は同駅構内からほぼ90度左にカーブし、佐倉駅までは複線となって北東へ進む。千葉駅を出てカーブを終えると右側に並行していた千葉都市モノレール2号線をくぐり、国道126号と交差する手前に東千葉駅がある。そのままマンション群の中を直進で進んで国道16号と京葉道路を跨ぎ、北西側からモノレール2号線が再び寄り添うと都賀駅に至る。同駅を過ぎると陸上自衛隊下志津駐屯地の西側を過ぎて[注 8]千葉市から四街道市に移り、緩やかに右にカーブしたところに四街道駅がある。同駅周辺には愛国学園大学をはじめとする学校が立ち並んでいる。ここまで沿線は住宅地が続いたが、四街道駅を過ぎると沿線は一変して田畑が広がるようになる。東関東自動車道をくぐると物井駅に出る。駅周辺は田畑だが駅西側には住宅街がある。田園地帯を進んでいくとトンネルを抜け[注 9]、カーブして東方向に向きを変えると、成田線との分岐駅である佐倉駅に至る。, 総武本線はこの先終点の銚子駅まで単線となる。佐倉駅を出ると複線の成田線から分岐する形で単線となり第二高岡踏切まで2 kmほど並行する。国道51号と交差後、第二高岡踏切を通過した瞬間に成田線は北側に離れていき、総武本線は単線で南東の雑木林の中を進む。ここから成東駅までは県道76号と並行する。単線区間最初の駅である南酒々井駅は丘陵地帯の谷間に位置し、市街地からは離れたところにある。同駅を出ると東関東自動車道をくぐり、平野部にある榎戸駅・八街駅へ。八街は下総台地上にあり地盤が固く標高も高いため地震や水害に強いといえる。山武市に入ると再び丘陵の間を進んで日向駅を過ぎ、圏央道をくぐり進路を東方向に変えて平野部に出て、県道76号と交差する和田踏切を通過すると、山武市の中心都市である東金線が分岐する成東駅に至る[注 10]。, 成東駅からは国道126号と並行し、南東の太平洋に面した九十九里浜から5 kmほど離れた下総台地のふもとの平野部を進んで銚子を目指す。成東駅を出て東金線が南方向へ分かれていくと、左にカーブして北東方向へ。沿線は田園地帯が続き、旭駅手前では線路の方向が東向きに変わる。旭駅を出ると国道126号が南側へ分かれ、銚子駅の手前にある松岸駅までは丘陵地帯の合間をカーブしながら進む。この区間の飯岡駅 - 倉橋駅間にはトンネルが1か所存在する。松岸駅で成田線と合流すると国道356号と利根川に沿い、水産業と並ぶ銚子市の主たる産業である醤油工場が車窓から見え、市街地に入ると総武本線の終点・銚子駅に至る。同駅では銚子電鉄線が接続している。, 東京駅 - 馬喰町駅間、秋葉原駅 - 御茶ノ水駅間、新金線金町駅構内はJR東日本東京支社、それ以外は同社千葉支社の管轄となっており、馬喰町駅 - 錦糸町駅間、浅草橋駅 - 秋葉原駅間、新小岩信号場駅 - 金町駅間に支社境がある。なお、越中島支線の越中島貨物駅は千葉支社所属駅となっているが、構内には東京支社が管轄する東京レールセンターが置かれている。, 2019年度の時点で、JR東日本自社による乗車人員集計[33]の除外対象となる駅(完全な無人駅)は、南酒々井駅・飯倉駅・倉橋駅・猿田駅である。, (貨)は貨物専用駅を表す。小岩駅 - 新小岩信号場駅間は本線と重複。() 内の数字は起点からの営業キロ。詳細は各支線記事を参照。, 東海道本線(東京 - 熱海) - 山手線 - 赤羽線 - 南武線 - 鶴見線 - 武蔵野線 - 横浜線 - 根岸線 - 横須賀線 - 相模線 - 伊東線, 中央本線(東京 - 塩尻) - 青梅線 - 五日市線 - 八高線 - 小海線 - 篠ノ井線 - 大糸線(松本 - 南小谷), 東北本線▽ - 常磐線 - 川越線 - 高崎線 - 上越線 - 吾妻線 - 両毛線 - 足尾線△ - 水戸線 - 真岡線△ - 水郡線 - 日光線 - 烏山線 - 仙山線 - 仙石線 - 石巻線 - 気仙沼線 - 大船渡線 - 北上線 - 釜石線 - 田沢湖線 - 山田線▽ - 岩泉線× - 花輪線 - 八戸線 - 大湊線, 総武本線 - 京葉線 - 外房線 - 木原線△ - 内房線 - 成田線 - 鹿島線 - 久留里線 - 東金線, 奥羽本線 - 米坂線 - 長井線△ - 左沢線 - 男鹿線 - 五能線 - 津軽線, 東海道線〈東海道本線〉 - 横須賀・総武線(快速)〈横須賀線〉 - 京浜東北線・根岸線 - 横浜線* - 南武線* - 鶴見線 - 山手線 - 中央線(快速) - 青梅線 - 五日市線 - 中央・総武線(各駅停車) - 宇都宮線〈東北本線〉 - 高崎線 - 埼京線〈一部区間赤羽線〉 - 常磐線(快速) - 常磐線(各駅停車) - 京葉線* - 武蔵野線* - 湘南新宿ライン - ■上野東京ライン - 相鉄・JR直通線(*印は「東京メガループ」), ■■川越線 - ■相模線 - ■八高線 - 伊東線 - ■常磐線 - 中央本線, ■ 総武本線 - ■成田線 - ■鹿島線 - ■外房線 - ■東金線 - ■内房線 - ■久留里線, ■八高線 - ■信越本線 - ■上越線 - ■吾妻線 - ■両毛線 - ■水戸線 - ■日光線 - ■烏山線, 1968年10月1日のダイヤ改正から中野駅 - 成田駅・木更津駅間で運行された101系電車を使用した快速は「, 震災によって焦土となった延伸予定地周辺では、復興事業として区画整理が行なわれたため線路敷地の捻出が容易となった。直接買収を行なったのは駅拡張の必要な両国駅・御茶ノ水駅周辺や奇跡的に焼失を免れた, 「そと房」が新宿駅19:45着、「犬吠」と「水郷」が新宿駅20:00着。「犬吠」と「水郷」は佐倉駅から併結される。, その時期の気動車は2・3両編成で北総3線向けに、電車は2両編成で房総方面向けに運行された, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 5頁, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 16頁, 千葉県平民安井理民外五名東京ヨリ千葉県銚子港ニ至ル鉄道布設ヲ請ヒ同県平民伊能権之丞外十三名東京ヨリ千葉県佐原町ニ至ル鉄道布設ヲ請フ并ヒニ之ヲ允サス, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 17頁, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 18頁, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 19頁, https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf, https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1912_daikai.pdf, https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20201112_y02.pdf, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 6-13頁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=総武本線&oldid=82829339, この項目では、東京駅 - 銚子駅間を結ぶ本線と、錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間の支線および小岩駅 - 金町駅・越中島貨物駅間の貨物支線について説明しています。本線を含めた路線の総称および本線を中核とする鉄道路線群「総武線」については「, 7月1日:御茶ノ水駅 - 両国駅間が延伸開業(複線、旅客営業のみ)。同区間で電車の運転開始, 9月15日:市川駅 - 船橋駅間が電化。中央線中野駅まで緩行電車として直通運転開始, 2月25日:物井駅 - 佐倉駅間が複線化および自動信号化(同時に成田線佐倉駅 - 成田駅間も自動信号化), 7月15日:東京駅 - 錦糸町駅間が開業(複線、旅客営業のみ)。総武本線の起点が東京駅に変更され、錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間は支線として分離。錦糸町駅 - 亀戸駅間が複々線化。亀戸駅 - 新小岩駅間が5線化, 4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道に承継。新小岩操駅 - 成東駅間は日本貨物鉄道が第二種鉄道事業者となる, 10月1日:113系の老朽化などの事由により、千葉駅 - 成東駅 - 銚子駅間に4ドア車の, 10両編成で「しおさい」に運用されている。なお、「しおさい」での定期運用は佐倉発東京行の「しおさい4号」のみ。, 総武快速線直通列車用で、2020年12月21日より千葉駅 - 成田空港駅・鹿島神宮駅・成東駅間で運行開始, 総武本線所属の旅客駅に限定すると、東海道本線所属の東京駅、東北本線所属の秋葉原駅・中央本線所属の御茶ノ水駅・常磐線所属の金町駅, 錦糸町駅 - 千葉駅間 34.4 km(新小岩信号場駅 - 亀戸駅間は越中島支線が並行し、実質的に複々線と単線の5線区間). https://www.traveltowns.jp/trains/jreast-limited-express-shiosai 京急本線を走る「特急」の乗り方、止まる駅を解説!基本情報、路線図、停車駅一覧、車両型式、沿線の観光名所、日帰り温泉、鉄道模型(nゲージ)を紹介。 2面4線の島式ホームである。本線は1・3番線であり貨物列車や成田エクスプレスが通過する。 総武本線(そうぶほんせん)とは、東京(各駅停車は御茶ノ水)~銚子間を結ぶjr東日本が管轄するチバラギ共和国の重要幹線。 名称は主に千葉以東のdqnローカルな区間を指す事が多いが、東京~千葉間の快速線もここで扱う。各駅停車はここを参照されたし。 旭(千葉県)駅(JR総武本線)銚子方面の時刻表情報です。出口、設備などの構内情報や、時刻表、路線情報を紹介。旭(千葉県)駅周辺の地図やグルメ、天気も提供しています。 特急の通過待ちが多く待避駅で長時間停車して,総武緩行線の方が早く着くこともある ゆえに「総武快速線経由各駅停車」と呼ばれる いや、「総武快速線経由各駅停車」なら、鈍行に近くないじゃないですか? 総武快速線利用者はnex(253系)が嫌い。 横芝駅(JR総武本線)銚子方面の時刻表情報です。出口、設備などの構内情報や、時刻表、路線情報を紹介。横芝駅周辺の地図やグルメ、天気も提供しています。 JR総武本線快速(東京-銚子)(品川07:05発 逗子行)の時刻表 駅一覧です。駅を選択すると時刻表の詳細を確認できます。また、JR総武本線快速(東京-銚子)で発生している運行情報も合わせて確認できます。 総武本線は東京駅が開業する前も各駅停車のみが中野方面へ直通し、快速や特急特に千葉駅を超える列車は両国発着だったのでしょうか? いえ、複々線化される前にも中野から千葉以遠に直通する快速が緩行線車両で運転され. 匝瑳市(旧八日市場市)の中心駅で、特急停車駅。みどりの窓口はない。 かつて普通列車で使用されていた113系にて、佐倉~松岸間を総武本線経由で走る列車には、行先表示に当駅経由の記載が … 東京から銚子のJR総武本線(東京-銚子)を利用した時刻表です。発着の時刻、所要時間を一覧で確認できます。東京から銚子の運賃や途中の停車駅も確認できます。新幹線チケットの予約も行えます。 橋上駅舎を有する。 ホーム. 佐倉駅の所在地は千葉県佐倉市。総武本線と成田線の分岐駅である。総武本線は当駅より以東は単線となる。 駅の構造・設備. https://yukemuri-milkyway.com/line-guide-jreast-yokosuka-sobu-rapid 総武本線(そうぶほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から千葉県銚子市の銚子駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、東京都墨田区の錦糸町駅で分岐して御茶ノ水駅に至る支線(いわゆる総武緩行線)、小岩駅(新小岩信号場駅)から分岐して金町駅および、越中島貨物駅に至る貨物支線を持つ。電車内や駅構内の旅客案内上は主に千葉駅から銚子駅の区間がこの名称で呼ばれる(後述)。 https://news.yahoo.co.jp/articles/55a5b6b7e8a4372ae57cbaa718c27048f08e39c0 乗換. ※乗車には特急券(有料)が必要です。 快速 エアポート成田 Rapid "Airport Narita " 下り方面に運行させるもので、成田空港に向かう電車の総称です。 総武本線内は通常の快速電車と停車駅は同じです。 別料金は必要ありません。 JR東日本・総武本線 千葉-銚子 81.3kmの路線と停車駅を新旧様々な写真を交えて紹介します。停車駅付近の地図や画像の検索、周辺の宿の検索もできます。乗換駅からはリンクをクリックして他路線へのページへもジャンプできます。 総武本線. 当サイトは、千葉大学鉄道研究会が提供する千葉県内の鉄道に関するデータベースです。地域の鉄道に対する理解を深め、また当会の研究発表の場として活用する事を目的としております。千葉大学鉄道研究会公式ウェブサイトの別館という扱いとなるサイトです。 総武本線(そうぶほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から千葉県銚子市の銚子駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、東京都墨田区の錦糸町駅で分岐して御茶ノ水駅に至る支線(いわゆる総武緩行線)、小岩駅(新小岩信号場駅)から分岐して金町駅および、越中島貨物駅に至る貨物支線を持つ。電車内や駅構内の旅客案内上は主に千葉駅から銚子駅の区間がこの名称で呼ばれる(後述)。, なお、『鉄道要覧』やJRの事業基本計画上は錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間となっているが、東京駅 - 錦糸町駅間開業以前の起点の御茶ノ水駅には現在も0キロポストが存在する。, 東京都の都心から東へ伸び、そのベッドタウンである千葉県西部の各都市、同県の県庁所在地であり政令指定都市である千葉を通り、同県最東端の銚子へ至る路線である。東京と千葉県北東部の各地を結ぶ特急列車が東京駅 - 銚子駅間を通して運行されているほか、都心から成田国際空港へアクセスする特急「成田エクスプレス」が当路線を経由している。, 千葉駅以西は電車特定区間に指定されており、区間外よりも割安な運賃が適用される。このうち錦糸町駅 - 千葉駅間は、各駅停車の電車が走行する総武緩行線と、快速電車や特急列車が走行する総武快速線が並行する線路別複々線となっている。この区間は「総武線」と呼ばれることが多く、「総武本線」と呼ばれる場合は特急列車は東京駅 - 銚子駅間、ローカル列車は千葉駅 - 成東駅 - 八日市場駅 - 銚子駅間を指すことが多く、JR東日本ウェブサイトの路線案内においてもそのようになっている[2]。ただし必ずしも統一されておらず、車内の路線ネットワーク図や発車標、駅の時刻表などでは千葉駅以東も「総武線」と表記している場合もある[3]。なお、鉄道要覧においては全線通して「総武線」となっている。, 貨物支線を除き旅客営業規則の定める大都市近郊区間の「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。千葉駅以東では路線案内に用いられるラインカラーとして黄色(■)が用いられている。, 本節では、千葉県内の鉄道施設運動前後から総武鉄道設立、路線開業及び国有化以降の総武本線全体の沿革について記述する。, 1872年(明治5年)に日本最初の鉄道が新橋駅 - 横浜駅(現在の桜木町駅)間に開通し、その後、1884年(明治17年)に日本鉄道会社が上野駅- 高崎駅間に民営鉄道を開業して良好な営業成績を上げたことなどをうけ、明治10年代後半に全国的な民営鉄道建設ブームが起きた。千葉県内でも鉄道敷設の機運が高まったが、当初は資金面から馬車鉄道の計画が多かった[4][5]。, 千葉県内では1886年(明治19年)頃から蒸気機関車による鉄道建設の運動が始められ、1887年(明治20年)11月に佐原の伊能権之丞らが発起した武総鉄道会社と、成東の安井理民らが発起した総州鉄道会社が相次いで創立の申請を行った。しかし、当時は従来からの水上交通の実績に対する評価が高く、また利根運河の開削も決まったばかりだったため、千葉県知事であった船越衛が鉄道敷設に対して慎重な姿勢をとるようになった。船越は両者に対し計画の翻意や合併を促してきたが、総州鉄道はこれに応じず東京都知事(高崎五六)を通じて正式に鉄道敷設を出願した[6]。これを受けて船越もやむなく千葉県知事として武総鉄道を内閣に進達したが、「利根・江戸両川の水運が至便であるうえに、この地方の状況は鉄道敷設を必要とするほど発展していない」などとして結局どちらも却下されている[4][5]。, 上述の経験から、競願の不利益さを悟った両社の発起人は合併を協議し、発起人に利根川水運の株主であった県会議長の池田栄亮などの有力者を加え、1889年(明治22年)1月に総武鉄道株式会社を創立した。会社名称は上総国(かずさのくに)・下総国(しもうさのくに)と武蔵国を結ぶことに因む。総武鉄道は翌2月に再願を申請した。この時の出願では、利根運河との競合を避けるとともに陸軍の支持が得られるように国府台・津田沼・佐倉等の軍営所在地を通る以下のルートを採用し、その使命に「軍事輸送と政府開墾地への輸送」を掲げていた[4][5]。, 総武鉄道の狙いどおり「陸軍営所を通過し、用兵上にも便利である」とする陸軍省の意見が決め手となり、1889年(明治22年)4月に仮免状が下付され、同年12月に小岩 - 佐倉間の免許状が降りた。ただし、計画の一部変更などにより、工事着手は1893年(明治26年)8月となる[4][5]。なお、1892年(明治25年)に公布された鉄道敷設法で「東京府下上野ヨリ千葉県下千葉、佐倉ヲ経テ銚子ニ至ル鉄道及本線ヨリ分岐シテ木更津ニ至ル鉄道」が将来建設されるべき鉄道として指定された。このころになるとルートの候補地となった各地域で様々な鉄道誘致運動が行われるようになる。なお、千葉県各所(船橋・千葉・佐倉・芝山・飯岡・茂原・流山等)で鉄道反対運動が行われたとの言説が市町村史や小学校副読本などで取り上げられることがあるが、当時の文献や記録にこれらを裏付けるものはなく、単なる鉄道忌避伝説であるとされる[7][8]。, 1894年(明治27年)7月20日に市川駅 - 佐倉駅間が開業し、千葉県内初の鉄道となる。直後の8月1日に日清両国で宣戦布告がなされ、早速日清戦争での兵員輸送に活用された。同年12月9日には江戸川を越えて本所(現在の錦糸町)に達した。総武鉄道は、1897年(明治30年)5月1日に成東まで、同年6月1日には銚子まで延伸され、佐倉駅で成田鉄道との連絡も実現する[4][5][7][8]。, 両国橋から都心部への延伸は1899年(明治33年)に本所 - 秋葉原間の免許[注 1]を得、1904年(明治37年)に両国橋(現在の両国)まで延伸され、ここを都心側のターミナルとした[4]。両国橋駅を利用する旅客はすでに開業していた路面電車(のちの都電)に乗り継いだ。なお、この当時は貨物扱いも両国で行い、ここから隅田川などの舟運を利用して物資が東京市内へと運ばれた。, 1907年(明治40年)、鉄道国有法により買収・国有化され、官設鉄道の総武本線となった[9]。, 鉄道開業により、総武本線の沿線には住宅地の拡大が両国から徐々に東側へ向けて始まった。また、1912年(大正元年)に最初の区間が開業した京成電気軌道(現在の京成電鉄)とは東京 - 船橋 - 千葉の都市間輸送で競合するようになり、東海道本線からは少し遅れたが総武本線の近代化に向けた取り組みが始まった[9]。ただし、1923年(大正12年)9月1日には関東大震災で両国周辺で多数の犠牲者が出る惨事も起きた。復興計画が立てられる中、1926年(大正15年)には常磐線と連絡する貨物支線(新金線)、1929年(昭和4年)には東京湾岸に近い小名木川駅への支線(のちの越中島支線)が開業し、旅客と貨物の分離が進められた。, 震災復興をきっかけとして都心部への延伸が進められ[注 2] 、1932年(昭和7年)7月1日には、御茶ノ水駅 - 両国駅間が延伸され、同区間で電車の運転を開始した[8][9]。これにより、総武本線は東京都心部で他の国鉄線と連絡するようになった。以降、1933年(昭和8年)3月に市川まで、同年9月には船橋駅まで電化区間が延長され、中央本線中野駅まで緩行電車として直通運転を実施するようになった[9]。1935年(昭和10年)には、千葉駅までの電化が完成した。以後、総武本線は千葉駅を境に、住宅地が広がる地域で通勤形電車が頻繁に運転される御茶ノ水駅方面の西側と、農村や漁村を蒸気機関車牽引の客車列車が結ぶ銚子駅方面の東側に性格が二分された。, 第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)3月10日、沿線で米軍による無差別爆撃、東京大空襲が実行され、一夜にして約10万人が死亡し、両国・錦糸町・亀戸などの各駅には多くの被災者が避難した。また、アメリカ軍が九十九里浜に上陸する日本侵攻作戦が予測され、日本軍は本土決戦に備えた決号作戦により総武本線で大量の軍事輸送を行ったが、同年8月15日に日本はポツダム宣言受諾を発表し、沿線での大規模戦闘は回避された。, 戦時中の酷使並びに食糧難による買い出し客の殺到や資材不足により、終戦直後の総武本線が置かれた環境は劣悪であった。当初GHQは国鉄の車両改善予算を承認しなかったが、両国駅で総武本線の木造客車を視察しそのあまりのボロさに仰天した担当官が即座にこれを認めたといわれる[8]。, その後、被災地域の復興や高度経済成長による東京都市圏の人口急増により、千葉以西が複線電化、千葉以東が単線非電化という総武本線の輸送事情は逼迫した。房総方面の国鉄の鉄道路線は、1953年(昭和28年)に「気動車化モデル線区」に選定されキハ17系が集中投入され[8]てある程度の近代化が進展していたが、電化の進展は1968年(昭和43年)までは総武本線の御茶ノ水駅 - 千葉駅までに過ぎず、他の路線は非電化の状況であった。千葉・房総方面において機関車牽引でない“電車”は中央緩行線に直通する総武線国電(御茶ノ水駅から千葉駅までの各駅に停車)と私鉄である京成電鉄の路線だけであり、それ以外は蒸気機関車やディーゼル機関車が走る、関東でも電化整備の遅れた地域であった。そのため、新たに発足した日本国有鉄道(国鉄)は1964年(昭和39年)に決定した通勤五方面作戦の重要な一部として総武本線の輸送力増強に着手した。その中核として、国鉄初の本格的な都市内地下鉄道になる東京 - 錦糸町間の新線建設を含む東京 - 千葉間の快速線建設が決定された。, 一方、千葉駅以東の近代化も徐々に進み、通勤路線としての性格が強まり、1968年(昭和43年)3月28日に総武本線・成田線の千葉駅 - 佐倉駅 - 成田駅間の電化が[新聞 1]、同年7月13日に千葉駅 - 木更津駅間の電化がそれぞれ完成、同区間に電車が走れるようになり、同年10月1日のダイヤ改正から中央線の中野始発で成田駅・木更津駅へ毎日1時間に1 - 2本程度101系電車を使用した電車快速が、また、御茶ノ水駅 - 千葉駅間では夜間下り2本の気動車快速列車が運行を開始した[10](なお、1975年(昭和40年)3月10日のダイヤ改正では千葉駅 - 銚子駅間にも快速列車が運行された。101系使用の電車快速以外の詳細は後述)。, 1972年(昭和47年)7月には東京駅 - 錦糸町駅の地下トンネル区間及び津田沼駅までの複々線完成により総武快速線が開業した[11]。これにより起点が御茶ノ水駅から東京駅に変更され、新設された東京駅の地下ホームからは新たに設定された房総方面への特急列車が発着した。一方、総武鉄道時代から東京と千葉以東を結ぶターミナルとなっていた両国駅は、急行列車の発着は残されたものの、その重要性が大きく低下した。1974年(昭和49年)には銚子駅までの電化が完成し、東京からの直通電車特急「しおさい」の運行が開始された[11]。その後、1980年(昭和55年)には横須賀線との直通運転(SM分離)が開始され、1981年(昭和56年)には千葉駅まで複々線区間が延長されて、当初の計画は完成した。これにより、国鉄による輸送は高速化され、国鉄は東京 - 船橋・千葉の都市間輸送で京成電鉄より優位に立った。また、1969年(昭和44年)には営団地下鉄(現在の東京地下鉄)東西線が西船橋駅 - 津田沼駅間に乗り入れ、特に通勤輸送で総武本線(中央・総武緩行線)の負担を大きく軽減していた。さらに、紆余曲折を経て1978年(昭和53年)に新東京国際空港(現在の成田国際空港)が開港すると、総武本線と成田線は京成電鉄を補完する鉄道アクセスルートとなった。なお、複々線化にあたり、成田国際空港周辺整備のための国の財政上の特別措置に関する法律(成田財特法)による補助金のかさ上げの適用を受けている[12]。このような状況で1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化を迎え、総武本線は施設保有と旅客輸送がJR東日本、貨物輸送がJR貨物へ承継された。ただし、銚子漁港からの鮮魚・醤油輸送がトラックに切り替えられて銚子駅 - 新生駅の貨物線が廃止されたように、総武本線での貨物輸送量は減少していた。, 総武本線の大部分を管轄する国鉄千葉鉄道管理局(民営化後はJR東日本千葉支社)では分割民営化に反対する国鉄千葉動力車労働組合(千葉動労)の勢力が強く、1985年(昭和60年)11月29日に千葉動労が実施した分割民営化反対ストライキの際にはこれを支持する革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)により国電同時多発ゲリラ事件が発生した。特に浅草橋駅は国鉄職員を含む約120人の中核派グループにより破壊・放火された。分割民営化後も千葉動労はJR東日本との対決を続け、特に千葉駅以東ではストライキによる列車運行の停止が毎年起こった。, 総武本線を受け継いだJR東日本は総武本線の改良を続け、ATS-Pの設置を進めた。また、当初は貨物線で計画していた京葉線を旅客営業兼用に転換し、国鉄末期の1986年(昭和61年)の第1期区間開業に続いて1990年(平成2年)に東京駅乗り入れを実現させた。内房線・外房線直通列車は定期特急の大半と快速の一部が総武本線(快速線)から京葉線に移行し、乗客の転移もあって、総武本線(快速線)の過密緩和に役立った。, 1991年(平成3年)には成田新幹線の施設を転用した成田空港旅客ターミナルへの鉄道乗り入れが実現し、総武本線(および成田線)では空港連絡特急「成田エクスプレス」の運行が始まって、アクセス路線としての重要性を増した[13]。ただし、1985年以降の東関東自動車道の延伸により、高速バス(かしま号、犬吠号、利根ライナー号、あそう号、東京 - 八日市場線)の運行が拡大されると、「しおさい」などの「成田エクスプレス」以外の特急列車は本数削減や一部区間の普通列車化が行われ、総武本線(および成田線・鹿島線)は東京と千葉県北東部・茨城県南東部を結ぶ都市間輸送で劣勢に立っていることが明確となった。, 2000年(平成12年)の運輸政策審議会答申第18号では、2015年までに整備すべき路線として新浦安(京葉線) - 船橋 - 津田沼間の新線建設(船橋 - 津田沼間は3複線化)が提唱された。千葉方面からの総武本線の列車は津田沼から新線に乗り入れ、新浦安から京葉線経由で東京駅へ、あるいはこれも2015年を整備目標とする新宿・三鷹方面への延伸線に向かうことが想定されている。また、新木場 - 新浦安間の建設(複々線化)と新木場からの東京臨海高速鉄道(りんかい線)乗り入れも明記されたが、運営会社のJR東日本はこの建設計画についてまだ正式な発表を行っていない。, 本線と貨物支線(越中島支線・新金線)のそれぞれの路線開業から各駅の開業や複線化及び路線施設関連などの使用開始年月日について記述する。, 総武本線を運行する列車の形態を、成田線・外房線・内房線直通列車及び途中区間から乗り入れる列車も含め記述する。, 総武本線を運行する優等列車として、下記の特急列車が運転されている。詳細は各列車の記事を参照。, 電車特定区間である東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間は、1972年(昭和47年)の複々線化により快速線と緩行線に分かれ、東京駅経由で快速線を走行する快速電車(総武快速線、案内上は「横須賀・総武線快速」)と、御茶ノ水駅を経由し緩行線を走行する各駅停車(総武緩行線、案内上は「中央・総武線各駅停車」)の2系統に分かれている。1981年(昭和56年)に錦糸町駅 - 千葉駅間が完全複々線化されて以降は、両者の線路・車両・ダイヤもそれぞれ独立したものとなっている。, 快速電車は東京駅 - 錦糸町駅で地下線を走行し、東京駅以南は東海道本線(品川駅 - 武蔵小杉駅 - 鶴見駅間は通称品鶴線)を経由して横須賀線と直通運転を行っている(旅客案内などでは東海道本線の区間も含めて「横須賀線」と称される)ほか、総武本線も含めた千葉駅以東(総武本線・成田線・鹿島線)・以南(外房線・内房線)に直通する列車もある。, 黄色帯の電車で運行される各駅停車は錦糸町駅から御茶ノ水駅方面への支線へ乗り入れ、同駅から中央本線の三鷹駅(夜間の一部は武蔵小金井駅・立川駅)まで直通するが、千葉駅以南・以東への乗り入れは設定されていない。また平日の朝夕には西船橋駅で東京地下鉄(東京メトロ)東西線から緩行線津田沼駅に乗り入れる列車もある。なお将来的なホームドア設置実施に伴い、2020年3月14日のダイヤ改正[19][20]から、中央線は東京駅発着の各駅停車の運行を廃止して快速・特別快速などの速達列車のみを終日運転することになり、これに付随して、中央総武緩行線は早朝・深夜における御茶ノ水駅折り返しおよび武蔵小金井方面直通を廃止し、全列車を千葉駅 - 御茶ノ水駅経由 - 三鷹駅までの相互直通運転のみとなった。, 千葉駅以東では普通・快速・通勤快速の3種別が設定されている。普通列車は旭駅 - 銚子駅間と(成田駅 - )松岸駅 - 銚子駅間の区間列車を除き千葉駅に乗り入れるが、東京方面千葉駅以西へは乗り入れない。, 逆に快速・通勤快速列車は、上り1本を除くすべての定期列車が千葉駅以西の快速線(多くはさらに横須賀線)に乗り入れる。快速・通勤快速列車は佐倉駅から先の成田線直通成田駅・成田空港駅発着列車と佐倉駅発着の列車がほとんど[注 3]で、佐倉駅を越えて当線を走行する列車は、朝の成東発の快速上り1本と、夜間の成田空港・成東行きとその折り返し(佐倉駅 - 成東駅間は普通列車)のみである。, なお、千葉駅 - 佐倉駅間および松岸駅 - 銚子駅間は、成田線内、佐原駅・香取駅経由鹿島線鹿島神宮駅発着あるいは佐倉駅 - 松岸駅間で成田線を経由[注 4]する列車も乗り入れている。, 日中の1時間毎の運行本数をまとめると、以下のとおりになる(2020年3月14日改正時点)。 東京駅を中心に、南は神奈川県の久里浜駅と、東は千葉県の千葉駅までを結ぶ鉄道路線・JR東日本の横須賀線・総武線快速について、停車駅や列車種別、運転間隔・本数などの詳しい案内です。成田空港駅まで収録しています。, 一覧表はスクロールさせて見ることができます。列車の詳しい説明や並行路線については下記「JR横須賀線・総武線快速の列車・種別」の項目をご覧ください。, 乗り継ぎたい路線がわかっている場合に、横須賀線・総武線快速のどの駅で乗り継げるかがわかります。, 横須賀線・総武線快速の主な時間帯での運転間隔・本数です。湘南新宿ラインの普通(横須賀線直通)も含んでいます。, 横須賀線区間(東京~久里浜間)の運転間隔・本数の詳細です。停車駅表と同様に久里浜駅から上り方向に見ます。, 線名にもなっている横須賀駅が途中にあるものの、横須賀線の末端区間であり、本数が少なくなっています。, 日中は1時間あたり3本・約20分間隔で、3本中2本が久里浜~逗子間の区間運転の列車になっています。この区間運転の列車はグリーン車は連結されていません。, 朝・夕は区間運転はなくすべて東京方面へ直通し、朝を中心として横須賀駅発着の列車もあります。本数は1時間あたり4本程度です。, この区間から逗子駅以遠(東京方面)へ直通する列車は、逗子駅で車両の分割・併合することが大半なので、逗子駅にて数分停車します。, 横須賀線で最も本数の多い区間です。逗子駅からは湘南新宿ライン(宇都宮線直通)の普通列車も加わります。横須賀線・湘南新宿ラインともに一部大船駅発着の列車もあります。, 日中は1時間あたり6本ですが、間隔が均等ではなく、詰まったり広がるところがあります。, 6本のうち、2本は湘南新宿ラインの列車(約30分間隔)で、西大井駅から大崎・新宿方面へ直通します。, また上の表に載っていませんが、大船~武蔵小杉間では湘南新宿ラインの特別快速・快速(東海道線~高崎線直通)も走っていて、日中は約30分間隔です。, さらに、11月30日からは、武蔵小杉~西大井間で相鉄線直通列車も走ります(JR線内は各駅停車です)。日中は1時間あたり2本の予定です。, 東京駅からは基本的に総武線へ直通し、東京駅止まり/始発の横須賀線は一部にとどまっています。総武線直通列車の一部は東京駅で数分停車します。, 総武線快速(東京~千葉間)の運転間隔・本数の詳細です。千葉駅から房総各線へ直通する運行系統についても触れています。, 日中は1時間あたり5~6本走っています。列車間隔は10分程度のところが多いですが、一部に15分程度開くところもあります。, 主に朝・夕には津田沼駅発着の列車もあります(日中はごく少数)。千葉駅からは房総各線へ直通運転もしています。, 市川駅(一部は津田沼駅も)で、特急〈成田エクスプレス〉〈しおさい〉を通過待ちすることがあり、その場合数分停車します。, 空港アクセス列車として、1時間あたり1~2本運転されています。東千葉駅をのぞき各駅に停車するので、この区間の地域輸送も兼ねています。, 朝・夕には佐倉駅・成田駅発着の列車もあります。また、総武本線成東駅、鹿島線鹿島神宮駅発着の列車もあります。, 夕・夜間の1往復は、成田空港発着の列車から佐倉駅で分かれ(合わさり)ます。佐倉~成東間は各駅に停車する普通列車(グリーン車なし)となります。, 朝の上り1本は、成東→佐倉間も快速運転し、途中は八街駅のみ停車します。グリーン車も連結されています。, 佐倉~鹿島神宮間を普通列車(グリーン車なし)として運行します。下りは佐倉駅で成田空港ゆきから分かれ、成田駅までは同列車の後を続行します。, 千葉駅から内房線へ直通し、君津駅まで行きます。朝には木更津駅始発もあります。内房線区間では巌根駅(木更津駅のひとつ手前)をのぞき各駅に停車します。, 千葉駅から外房線へ直通し、上総一ノ宮駅まで行きます。外房線の中でも利用の多い千葉市緑区を含む千葉~大網間は各駅に停車します。かつては上総一ノ宮駅から先の大原駅・勝浦駅まで直通していました。, 基本となる列車種別です。総武線の錦糸町~千葉間では各駅停車が並行していますが、快速線は停車駅だけにホームがあるので、横須賀線と合わせてもホームのあるすべての駅に停まります。, 横須賀線の品川~横浜間は、東海道線・京浜東北線とは別のルートを走り、ルート上には西大井駅・武蔵小杉駅・新川崎駅があります。京浜東北線の鶴見駅付近で再び合流しますが、横須賀線は横浜駅までホームがないので鶴見~東神奈川間の京浜東北線各駅は通過します。, 横浜~大船間では東海道線と並行しますが、保土ケ谷駅・東戸塚駅は東海道線にホームがないため、この区間では横須賀線が各駅停車の役割をしています。, 総武線の東京~錦糸町間は快速線の単独路線(地下線)になっていて、途中トンネル内に快速線だけの新日本橋駅・馬喰町駅があります。錦糸町~千葉間は上記のとおり各駅停車が並行し、快速は限られた駅だけに停まります。, すべて千葉駅から先の成田方面へ直通し(上り1本は成田空港駅始発、ほかは成田駅発着)、東千葉駅と物井駅を通過します。, 東京駅から先、横須賀線にも直通しますが、横須賀線内は通常の普通列車として運転します。, 横須賀線の西大井~大船~逗子間では、湘南新宿ラインの列車も走っています。西大井駅からは大崎・新宿・大宮方面、特別快速・快速は大船駅から東海道線(平塚・小田原方面)へ直通します。, 西大井~逗子間で各駅に停車する列車です。横須賀線の普通に合わせて、湘南新宿ラインでも普通と案内されています。大宮駅からは宇都宮線へ直通します。宇都宮線内では快速として運転する列車もありますが、大崎駅までは普通と表示されています。, 西大井(武蔵小杉)~大船間でも通過運転をする列車です。大船駅からは東海道線、大宮駅からは高崎線へ直通します。, 東海道線・高崎線内でも通過運転する列車が特別快速、東海道線・高崎線内では各駅に停まる列車が快速です。, 横浜~大船間の停車駅が直通先の東海道線に合わせられていて、保土ケ谷駅・東戸塚駅を通過するため、快速と案内されています。ほかに新川崎駅・西大井駅も通過します。横須賀線と同じ線路を走る西大井(武蔵小杉)~大船間では、特別快速と快速の停車駅は同じです(大崎~大宮間での違いは、恵比寿駅の停車の有無です)。, 横須賀線・総武線快速の線路には、特急〈成田エクスプレス〉のほか、銚子方面へ向かう〈しおさい〉、錦糸町駅から新宿駅を経由し信州へ向かう〈あずさ〉が走っています。湘南新宿ラインのルートとなる西大井~戸塚間では、新宿駅発着の〈スーパービュー踊り子〉も走ります。, 大船・横浜~千葉・成田空港間を走ります。品川駅からは新宿・大宮方面にも行き、横浜方面と新宿方面の車両が東京駅で分割/併合する列車もあります。, 夕・夜間の成田空港ゆきと、朝の東京方面の列車の一部では、千葉駅・四街道駅・佐倉駅・成田駅に停車する列車があります。, 品川駅には、新宿方面の列車は通過し、横浜方面の列車が停まりますが、新宿方面単独運転の場合には停車し、結果的にすべての列車が停まります。, 東京駅から銚子駅まで、総武本線を全線走破する列車です。一部に佐倉駅・成東駅発着もあります。, 夜間の下りと朝の上りで、四街道駅に停まる列車が、土曜・休日の一部に船橋駅に停まる列車があります。, 新宿駅から信州へ向かい、松本駅まで行く列車ですが、1日1往復で千葉~松本間の列車があります。, さらに、下り〈あずさ3号〉は大月駅まで〈富士回遊〉を併結しています。〈富士回遊〉は大月駅から富士急行線へ直通し、富士山のふもとの河口湖駅へ向かいます。千葉発の〈富士回遊〉は下りの1本のみです。, 2020年3月14日のダイヤ改正以前は、下り3号は松本駅から先の南小谷ゆきでしたが、同日の改正で松本ゆきになった代わりに〈富士回遊〉の併結を開始しました。, 伊豆方面へ向かう特急列車で、新宿駅(池袋駅・大宮駅含む)発着の列車が湘南新宿ラインと同じルートで横須賀線の線路を走ります。, 新宿方面発着の場合、横浜駅は湘南新宿ラインと同じく、横須賀線ホームからの発着となります。, 2020年3月14日のダイヤ改正より、それまで運転されていた〈スーパービュー踊り子〉号に代わり、両列車の運転になりました。, 土曜・休日に新宿駅発着で房総へ向かう〈新宿さざなみ〉〈新宿わかしお〉、他の新宿駅発着の房総方面臨時特急も、錦糸町~千葉間で総武線快速の線路を走ります(錦糸町駅からは各駅停車の線路・御茶ノ水駅からは中央線快速の線路を走ります)。, 新宿~千葉間の停車駅は、秋葉原駅・錦糸町駅・船橋駅・津田沼駅になっていることが多いです。, 普段は上野駅から草津温泉の玄関口・長野原草津口駅へ向かう特急列車ですが、繁忙期に大船駅発着の臨時列車があります。, 大船~品川間は横須賀線の線路を走り、品川駅からは東海道線・上野東京ライン経由で上野駅に向かいます。上野駅からは通常と同じルートです。, 大船~上野間の停車駅は、横浜駅・武蔵小杉駅・品川駅・東京駅(東海道線ホーム)となっています(2019年11月運転の71・72号の場合)。, 東海道線のライナー列車ですが、東京駅発着〈湘南ライナー〉の一部と、新宿駅発着〈おはようライナー小田原〉〈ホームライナー小田原〉の全列車は横須賀線と東海道貨物線を経由しています。, 〈湘南ライナー〉の東京駅発着ホームは基本的に東海道線ホームですが、上りの一部に地下総武ホーム到着の列車もあります。また上りのみ品川駅終着の列車もあります。, 都心を通らずに、武蔵野線(貨物線)経由で運転する列車が多いです。この場合、鎌倉~戸塚間は横須賀線、戸塚~鶴見間は東海道線、鶴見~府中本町間は武蔵野(貨物)線の線路を通ります。停車駅は、鎌倉駅・北鎌倉駅・大船駅・横浜駅(東海道線ホーム)・府中本町駅(立川方面発着の列車のみ)と、府中本町以遠は主要駅の停車です。, 東京駅を中心に、南は横浜や鎌倉を通り三浦半島の東端に近い久里浜駅へ、東は千葉県の中心・千葉駅へ伸び、さらに千葉駅からは成田空港駅をはじめ、房総各線へ直通している路線です。久里浜~千葉間の営業キロは意外と長く、112.5キロにもなります。, 横須賀線・総武線快速は2つの路線をあわせた名前です。案内で使用しているそれぞれの路線はつぎの通りになっています。, 東京~千葉間の総武線快速は、“総武快速線”・“総武線(快速)”などとも表記されます。, 両線とも東京駅が起点で、久里浜駅・千葉駅に向かう方向が下り、東京駅に向かう方向が上りです。そのため、直通する列車の場合、東京駅を境に下りと上りの扱いが変わります。, 列車ごとにつけられている列車番号の数字も、東京駅で+1されて、奇数(下り)と偶数(上り)が変わります。, 例えば千葉9:31発久里浜ゆき(平日時刻)の場合、千葉~東京間が912F、東京~久里浜間が913Sとなります。反対方向も同様で、逗子6:21発津田沼ゆき(平日時刻)は、逗子~東京間が666S、東京~津田沼間が667Fとなっています。, 車両の帯の一部に使われているもので、かつて走っていた車両(113系)では下半分部分の色でした。, 東京周辺の他のJR線(在来線)と同様に、横須賀線・総武線でも駅ナンバリングが実施されています。, 久里浜駅のJO 01から始まり、千葉駅のJO 28、さらに成田空港駅のJO 37まで順に全駅に番号が振られています。ナンバリング制定当初は久里浜~千葉間での実施でしたが、のちに成田空港駅まで延長されました。なお、延長区間にある東千葉駅(JO 29)は、番号はついていますが快速列車はすべて通過します(千葉駅発着の普通列車のみ停車)。. 相鉄本線の路線図です。特急、通勤特急、急行、通勤急行、快速の停車駅の駅一覧と、横浜駅、大和駅、海老名駅、湘南台駅等での乗り換え路線を確認できます。 JR東日本・総武線 東京-成田空港 79.2kmの路線と停車駅を新旧様々な写真を交えて紹介します。停車駅付近の地図や画像の検索、周辺の宿の検索もできます。乗換駅からはリンクをクリックして他路線へのページへもジャンプできます。 jr東日本管内の在来線および各新幹線において、30分以上の遅れが発生または見込まれる場合の運転情報をお知らせしています。また、新幹線・在来線特急列車等の運休情報もお知らせしています。過去30日分の遅延証明書を印刷することもできます。 特急(京急本線)の停車駅・路線図. 総武線快速の時刻表や乗換案内を調べるならこちら。総武線快速の停車駅一覧もサポート。現在の路線の遅延などの運行状況もお知らせ。初めて乗る電車の場合にお役立てください。 千葉~銚子間を結ぶ路線です。千葉~佐倉間は成田線の列車も走ります。 正式には東京~銚子間が本来の区間ですが、直通列車を除いてほとんど運行が分断されているため分別しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Ueno Tōkyō Line (Tōkaidō Line, Utsunomiya Line and Takasaki Line Through Service), Ueno Tōkyō Line (Jōban Line, Narita Line Through Service), Tōhoku, Yamagata, Akita, Hokkaidō, Jōetsu and Hokuriku (via Nagano) Shinkansen, 【千代田線・常磐線各駅停車】平日・朝の始発駅と時刻一覧《2020年ダイヤ改正対応》, 横須賀線経由〈湘南ライナー〉〈おはようライナー小田原〉〈ホームライナー小田原〉の走行ルート, 所在地は主となる駅事務室の位置であり、実際のホームがある場所とは異なることがあります。, ☆は横浜方面の列車と、新宿方面の列車が東京~成田空港間で横浜方面を併結しない場合に停車します。. 総武本線の時刻表や乗換案内を調べるならこちら。総武本線の停車駅一覧もサポート。現在の路線の遅延などの運行状況もお知らせ。初めて乗る電車の場合にお役立てください。 東北・北海道新幹線(東京−新函館北斗) 山形新幹線(東京−新庄) 秋田新幹線(東京−秋田) 上越新幹線(東京−新潟) 北陸新幹線(東京−金沢) 東海道新幹線(東京−新大阪) 東京メトロ丸ノ内線(池袋−荻窪) JR総武本線(千葉-銚子) JR成田

ユニコーン 壁紙 効果, 橋本 環 奈 タレントスケジュール, Jr東日本 プレス コロナ, 東京から京都 新幹線 最終, ホワイト企業 ランキング 未来工業, モンハン アイテム 渡す レア度,

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事